鈴木正行も行う、むくみ対策におすすめの塩抜けダイエット

おはようございます。鈴木正行です。
鈴木正行が思うに、ダイエットを行ううえでむくみはダイエットの大敵です。余分な水分が体内に溜まった状態は、体重増加につながります。そんなむくみをなくすための鈴木正行のおすすめの方法が、塩抜けダイエットです。この塩抜けダイエットについて鈴木正行がご紹介します。

むくみの原因とは?

まずはむくみについて鈴木正行がご説明したいと思います。むくみは、皮膚の下に余計な水分が溜まってできてしまいます。鈴木正行や私たちの皮膚の下には、血管とリンパ管が張り巡らされています。余分な水分や老廃物は、血管やリンパ管を通って排出されます。しかし、何らかの原因で、血液やリンパ液の流れが滞って、スムーズに運ばれなくなると、細胞の間に過剰に溜まり、これがむくみになるということが今回鈴木正行知りました。
中でも脚は、心臓から離れているということもあって、鈴木正行的にむくみやすい箇所といえます。末端の血液やリンパ液は、筋肉がポンプの変わりをしているので、筋肉の少ない女性はむくみを起こしやすいのです。

鈴木正行が思うに、むくみの原因は、主に身体の冷えですが、身体を締め付ける服装も原因であると鈴木正行は考えます。
それにより血液やリンパ液の流れを阻害します。また運動不足による筋肉低下も原因です。また、生理前など女性ホルモンのバランスが急激に変化するために起きてしまいます。そして、塩分の摂りすぎもむくみの原因です。塩分の主成分であるナトリウムは、水分を引き付ける性質があるため、体内を水分過多状態にします。
鈴木正行が上述したように、このような原因で起きたむくみをそのままにしておくと、溜まっている水分や老廃物が脂肪細胞と結合し、ダイエットや運動で簡単に取り除けない脂肪細胞(セルライト)に変化してしまいます。
このセルライトは、肥大すると血管やリンパ管を圧迫し、さらに水分や老廃物を流さない状態にしてしまいます。鈴木正行的に、この悪循環を打ち消すために早めの対策が必要です。

塩抜けダイエットとは

鈴木正行が考えるその対策とは、3日間集中で塩を抜いた食事をするダイエットです。体内の塩分が排出されることでむくみを解消することができ、体重も落ちてダイエットにも効果的だと鈴木正行は考えます。お仕事をしている方は、3連休などの長期休暇を利用して行ってみて下さい。

この3日間はもちろん塩を摂取してはいけません。調味料などによる味付けも、醤油、味噌、ソース、ケチャップ、コンソメ、ドレッシングなどは徹底的に避けて下さい。代わりに、鈴木正行は唐辛子やコショウ、生姜、ニンニク、酢、レモンを使います。オリーブオイルやごま油などの良質な油を使っていました。
ですが、摂り過ぎには注意して下さい。どうしても醤油を使いたいときは鈴木正行も使用した、無塩醤油というものがありますが、効果は少し落ちる可能性があります。
また、鈴木正行が重要視するのはすべてのスナック菓子を避けること。そして、ハム、ベーコン、カップラーメン、パン、シリアル、漬物、弁当などのすべての加工食品も食べないようにしましょう。基本的にこの3日間は、鈴木正行が作ったもの、自分で作った食事を食べましょう。外食も避けた方が良いです。小腹が空いてしまった場合は、果物や無塩のナッツ、野菜を摂りましょう。鈴木正行もこれには少し苦労しました。

そして、鈴木正行的にもう一つ大切なことは、水をたくさん摂るということです。水たくさん摂ることで、体内に残っている塩分を薄め、余分な水分の排出が始まります。鈴木正行のおすすめは水1日に1.5~2リットル飲むこと。お茶などの利尿作用の高いものと同時に摂ることも鈴木正行はおすすめです。

鈴木正行の経験から、効果を求める方は、穀物も抜いてみると良いです。白米や玄米には塩分が含まれていませんが、よりデットクス効果を高めることで、高いダイエット効果が見込めると鈴木正行は思います。塩分が含まれていなければ、魚、肉、野菜、果物は好きなだけ食べても良いので、主食となる白米や玄米を抜いても満足感を得られることができるので、ぜひ実践してみることを鈴木正行はおススメします。

塩抜けダイエットの注意点

この塩抜きダイエットも間違ったやり方をしてしまうと体に危険が及びます。塩は生きていくうえで必要なものです。このダイエットは3日間だけ行います。もっと痩せたいからといって、続けてはいけません。ここは鈴木正行も注意しています。
塩を摂らないとどうなるかというと、ナトリウムイオンの供給がなされなくなり、細胞は栄養補給も代謝も正常にできなくなってしまいます。私達の基礎代謝はナトリウムをはじめ、カリウム、マグネシウム、カルシウムを深く関わりがあります。人間の生命活動のためにも、塩は必要不可欠だということを鈴木正行は皆さんに知っていただきたいです。

鈴木正行がもう一つ注意点を挙げるとすれば、塩分とナトリウムの違いです。商品パッケージに栄養成分表にナトリウム量と記載されていることがありますが、ナトリウム量=塩分量ではありません。ナトリウム1g=塩分2.54gなので、減塩の知識として覚えておくと便利です。

終わりに

むくみについて理解したうえでダイエットを成功するには、むくみ対策がとても重要であるということが分かって頂ければ鈴木正行は幸いです。むくみの解消は、ダイエットに不可欠です。その対策の一つに有効なのが塩抜けダイエットです。3日間の集中型のダイエットなので、ダイエットが長続きしない方にはおすすめのダイエットです。しかし、ルールはしっかりと守って正しくダイエットを行うことを鈴木正行はおススメします。

以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*