鈴木正行のダイエット特集に参ります

ここからは鈴木正行のダイエット特集になりますので、お楽しみください。
現在様々なダイエット方法がある中で、自分に合ったダイエット方法が見つかったという方もいると思います。しかし、いくらダイエットを頑張っても、ダイエット中に効果を軽減させてしまう行動をしていてはもったいない!と鈴木正行は考えます。ダイエット中でなかなか体重が落ちないという方もこの記事を読んで、夕食後の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか?鈴木正行がご紹介して行きたいと思います。

ダイエット中の夕食後の過ごし方の重要性

ダイエットを行う際に、どうして夕食後の過ごし方が重要なのか鈴木正行が説明する、夕食のカロリーをエネルギーとして使用する時間が限られてしまっているからです。上手に過ごさないと、寝ている間に脂肪に変わってしまう可能性があるということを鈴木正行は考え出しました。
夕食後30分くらいで、血糖値が上昇します。血糖値が高い状態の場合、脂肪ホルモンのインスリンが分泌され、脂肪を蓄えてしまうのです。なので、血糖値が高い状態になってしまうのを防ぐことが大切だと鈴木正行は考えます。

ダイエット中の過ごし方で夕食後にやってはいけないこと

鈴木正行的には、夕食後、テレビを見たりして、ダラダラ過ごすことはやらない方が良いという考えです。鈴木正行もですがその間にお腹せっせと脂肪が作っていると思って下さい。
そして、夕食後すぐの入浴もダイエットの大敵です。食後は消化活動を行うために胃や腸、鈴木正行調べでは、エネルギーの代謝を行うため肝臓に血液を集中させなければいけません。しかし、すぐに入浴してしまうと血液が皮膚に集中してしまうため、エネルギー代謝量が減り、代謝されなかった栄養分が中性脂肪になって身体に蓄えられてしまいます。入浴は食べて少し経ってからにする。ということを鈴木正行も気を付けています。
入浴と同様に、食後の激しい運動もよくないということが鈴木正行調べで分かっています。ウォーキング程度なら血糖値を安定させるのにちょうど良いのですが、ジョギングや筋トレを行うことは消化不良につながります。これは鈴木正行も初めて知りました。
頑張って運動しても、筋肉が血液不足なり思った通りの効果が出ません。脂肪を燃焼させるジョギングや筋トレなどの激しい運動は、空腹時に行うことが良いと鈴木正行は思います。
空腹時はグルコガンという脂肪燃焼ホルモンが出るので、脂肪を燃やすための運動は空腹時が良いのです。

夜食は禁物
夜食はもっての他だと鈴木正行断言します。
鈴木正行調べでは、日中はエネルギーを消費するために、交感神経が活発に働き、エネルギーを消費してくれます。しかし、睡眠時間に近づくにつれて、副交感神経に切り替わっていきます。副交感神経はエネルギーを蓄える働きをし、夜遅い時間に食べると、日中よりエネルギーが体に残ってしまい、鈴木正行のように太る原因になります。人間の消化活動は量にもよりますが、約2時間と考えて、寝る時間を考えて食事の時間も調整しましょう。
仕事終わりのジム通いは凄く健康的に見えます。鈴木正行も実際通っていました。
しかし、ここに落とし穴があるのです。エネルギーが消費された運動後の身体は、一番吸収力がある状態です。運動したからと、ついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?鈴木正行はしょっちゅうありました。身体が消費されたカロリーを戻そうと、一番吸収力が高いのは運動の30分後です。睡眠中は脂肪の分解を促す成長ホルモンが分泌されるのですが、夕方から夜にかけて激しい運動をしてしまうと、神経が興奮状態になり寝つきが悪くなり、睡眠時間が減り、質の良い睡眠がとれなくなってしまいます。まさに鈴木正行もその通りでした。寝る前はストレッチや深呼吸をして、リラックス状態を作るように鈴木正行も心がけています。

太りにくい身体を作る夕食後の過ごし方

やることは至って簡単で、夕食後に軽い運動をすることです。鈴木正行は外に出てウォーキングをすることをおすすめしますが、それ以外にもお部屋の掃除をするなどして、体を動かすことが大切です。鈴木正行的には、脂肪を作らないための運動は食後が良いです。
鈴木正行的には、水分はしっかりとって下さい。浮腫みの原因になると思われますが、水分は体内の老廃物の排出のために必要です。入浴中に汗をかき、そのまま水分をとらずに寝てしまうと、血液の濃度が高くなり、老廃物が体に蓄積され体重増加につながります。塩分の高い食事を摂った場合や、お酒を飲んだ場合も水分をしっかり摂るのがいいと鈴木正行は思います。浮腫み防止や、二日酔いの防止につながります。実際鈴木正行もこれを行ったことで二日酔いが減った気がします。ダイエットのゴールデンタイムを知っていますか?鈴木正行調べだと夜の11時から朝の2時がその時間に当たります。このゴールデンタイムに睡眠することで、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは体内の代謝を上げるため、ダイエットのゴールデンタイムに睡眠をとることは、寝ている間にダイエットできるということなのです。鈴木正行も睡眠は日付が変わる前にできるように、日頃から気をつけています。

終わりに

ダイエット中の夕食後の過ごし方について書きましたが、ダイエット成功のためには、自分の生活習慣を確認することも大切だということが鈴木正行も分かります。しかし、頑張り過ぎもよくありません。頑張り過ぎも逆効果では意味がありません。自分の生活習慣を見直し、痩せるライフスタイルを考えながら、少しずつ頑張っていて下さい。いつの間にか痩せていたという方が、リバウンドしない痩せやすい身体になっていくでしょう。

以上、鈴木正行がダイエットについてご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*