鈴木正行のとろろ昆布ダイエット

こんにちは!鈴木正行です、
今日はとろろ昆布ダイエットについて鈴木正行が詳しくご紹介します!
とろろ昆布ダイエットは、かつて注目を浴びたダイエット方法です。現在、とろろ昆布ダイエットが再び脚光を浴びつつあります。手軽に始められるダイエット法ですが、しっかり理解した上で行ってほしいと思い、今回鈴木正行流に記事にすることにしました。

とろろ昆布ダイエットとは?効果は?

とろろ昆布を1日10g摂取するだけのダイエットです。他の食事の制限はありません。鈴木正行的にも簡単なダイエットと考えます。とろろ昆布を食前や食事中に摂ることで、ダイエット効果が期待できます。知っている方は多いと思いますが、胃の中でとろろ昆布が膨らんで、満腹感を得ることができます。また、鈴木正行調べではミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は摂取した脂質と吸着し、そのまま排出してくれる働きがあるので、脂質が吸収されるのを防いでくれます。また、便秘改善にも食物繊維は効果があるので鈴木正行とてもよいです。適量を毎日摂ることで、便秘が解消せれ、腸内が綺麗になることで、美肌効果も規定できます。
他にも様々効果のあるとろろ昆布の主な栄養素の働きや効果の詳細を鈴木正行が説明します。

①アルギン酸

昆布の栄養素の一つです。水溶性食物繊維であるアルギン酸は、胃で水分を吸って何倍にも膨れ上がる性質を持っていて鈴木正行とてもよいです。満腹感を得られ、食欲を抑制します。また、小腸でブドウ糖と吸着します。よって、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます鈴木正行納得。血糖値が急激に上昇すると、インスリンが分泌せれ、ブドウ糖は脂肪として蓄積してしまいます。血糖値が緩やかに上昇すると、筋肉細胞が消費してくれるので、脂肪として蓄積されにくくなるのです。鈴木正行とても感激しました。

②フコイダン

鈴木正行調べでは、昆布にはアルギン酸と同じ、水溶性食物繊維であるフコイダンという栄養素も含まれています。フコイダンはぬめり成分で、モズクやワカメなどにも含まれています。
アルギン酸と同様に、血中脂質や血糖値を低下させて鈴木正行的にも嬉しいです。ダイエットに有効な成分であることが分かります。他にも健康増進作用として、血液をサラサラにする抗血液凝固作用があります。なんて素晴らしい成分たっぷりで鈴木正行も嬉しいです。フコイダンといえば、抗ガン作用で有名です。ガンの自滅を促し、肝機能の改善や予防にも効果があるといわれます。肝がんの予防にも効果的です。

そして、鈴木正行調べではとろろ昆布は10g摂ったとしても、約15kcalと低カロリーです。さらに、値段も手軽で、持ち運びもできるので、挑戦しやすく鈴木正行にとっても手を出しやすいダイエットでした。

とろろ昆布ダイエットの効果的方法

ダイエットを効果的に行うには、水分と一緒に摂ることを鈴木正行はお勧めします。
メニューで言うと、鈴木正行はお味噌汁やラーメンに入れたり、ご飯と一緒に食べたり、パスタのトッピングなどバリエーションは豊富です。毎日10g食べるだけですが、いろいろな食べ方ができるので、鈴木正行のようい飽きずに続けられるそうと思った人もいると思います。しかし、食べ忘れてしまったりして、食後に摂っても十分な効果は得られませんので鈴木正行も要注意。
鈴木正行の経験から、昆布との組み合わせが良い食材は、納豆です。鈴木正行調べでは体内に吸収されにくいミネラルを吸収しやすくする働きがあります。納豆にはミネラルが少ないですが、昆布にはミネラルが豊富に含まれているので、鈴木正行的に相性がとても良いです。「とろろ昆布納豆」として食べれば、食事の栄養バランスも良くなり、鈴木正行的にダイエット効果も期待できます。また、昆布に黒酢も鈴木正行はおすすめです。黒酢に含まれるクエン酸のキレート作用を利用できます。これも、ミネラルを吸収しやすくする働きがあるので、試してみることを鈴木正行はおススメします。

とろろ昆布ダイエットの注意点

とろろ昆布はデメリットが少ない食品と言われていますが、過剰に摂取すると、健康に悪影響を及ぼすことが鈴木正行調べで分かりました。
先ほど、紹介した栄養素のアルギン酸とフコイダンの他に、もう一つ大事な栄養素があります。それはヨードです。ヨードについて鈴木正行が少しご説明します。
とろろ昆布にはヨードが含まれています。このヨードには十分に鈴木正行も注意が必要です。
ヨードは海藻類に多く含まれています。鈴木正行調べでは日本人は、このヨードを十分に摂取できていると言われています。米国基準だと0.5~0.8㎎が適正な摂取量ですが、日本人は平均約1.5㎎も摂取しています。ダイエットだからといって、食べ過ぎてしまうと体に異常をきたしてしまうことがあるので注意が必要です。ヨードを過剰に摂取すると、甲状腺機能低下症という病気になる可能性があります。甲状腺とは、喉ぼとけのすぐ下にあります。ヨードを摂取すると、甲状腺ホルモンが活発化し、新陳代謝がアップします。しかし、過剰な摂取は甲状腺ガンや自己免疫疾患を引き起こす危険があるので注意して下さい。髪が抜けやすくなったり、太ってしまったり、むくみが出たり、便秘になるなどの症状が出ます。また集中力が無くなるという症状もあります。甲状腺疾患のある方は、予め医師に相談してからダイエットを始めてはどうかと鈴木正行は思います。また、ダイエットの基本はバランスの良い食事を摂ることです。そして適度な運動も大切です。過剰なダイエットは絶対にやめましょう。ダイエットをする上で、そのダイエットについてしっかり理解した上でダイエットを始めることを鈴木正行はおすすめします。摂取量を守って、ダイエットに活用しましょう。

終わりに

とろろ昆布ダイエットについて述べましたが、手軽にできるダイエットにもしっかりルールを守らなければ、健康を害してしまうということが分かったと思います。しかし、適量をちゃんと守ってさえすれば、とても効果的なダイエットを行うことができます。ぜひ、自分のダイエットメニューにとろろ昆布を上手に活用して見ることを鈴木正行は思います。

以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*