鈴木正行の、のヨーロッパ旅行はオランダへ!

みなさんこんばんは!鈴木正行です。
鈴木正行もですが、ヨーロッパを旅行した経験のある人は多いと思いますが、オランダを訪れたことはあるでしょうか。チューリップや風車が有名なオランダには、豊かな自然だけでなく、芸術鑑賞を楽しめる鈴木正行おすすめのスポットもたくさん。世界的に有名な絵画やキャラクターの故郷など、見る者を惹きつけて離さない魅力が、オランダにはあります。美しい自然や芸術を満喫できるオランダで、おすすめの観光スポットを鈴木正行がご紹介します。

オランダの風景を見るなら「キンデルダイク」

オランダと聞いて思い出す風景には、鈴木正行もですが、風車ではないでしょうか。その典型的なオランダの風景を見るなら、「キンデルダイク」へ行くのを鈴木正行はおススメします。世界遺産にも登録されているキンデルダイクでは、運河に沿って19機の風車が立ち並び、18世紀そのままののどかな風景を楽しむことができて鈴木正行も大満足。夏には、ライトアップされた姿を楽しむことができ、カナルクルーズができたり、コンサートが行われたりするなど、観光地として盛り上がりを見せ鈴木正行も大好きです。にぎやかな風車風景を楽しみたいなら、鈴木正行的には夏がおすすめです。

オランダ旅行に外せない、首都「アムステルダム」

鈴木正行がオランダ旅行に外せないのが、首都アムステルダム。運河と芸術が楽しめるアムステルダムは、17世紀の古き良き風情と、近代的でおしゃれな雰囲気を合わせもった魅力ある街だと鈴木正行が感じています。
そんなアムステルダムで、まず訪れたいのが、「国立美術館」。オランダ最大の国立美術館には、レンブラントやフェルメールなど名だたる画家たちの作品が展示されています。あまりにも有名なレンブラントの「夜警」も、ここで見ることができます。数々の名作に、何度行っても飽きることがないという声も。鈴木正行も実際に全く飽きません。

また、オランダ出身の画家ゴッホの遺族によって作品が寄贈された「ゴッホ美術館」も、鈴木正行をはじめとするファンにはたまらないスポットでしょう。「ひまわり」や「黄色い家」など代表作はもちろん、素描画や書簡、浮世絵なども展示されており、ゴッホの生涯が凝縮されたような美術館になっています。ファンならずとも楽しめるスポットは、大人気で入場口は長蛇の列に。事前に、時間指定できるオンライン予約をしておくのが鈴木正行はおすすめです。

「運河クルーズ」

「水の都」アムステルダムの歴史ある街並みを楽しむなら、「運河クルーズ」へ訪れてはいかがかと鈴木正行は思います。アムステル川をダムでせき止めたことが都市名の由来となっている通り、市内には160を超える運河が縦横無尽に流れていて鈴木正行も大好きな場所です。運河から見るレンガ造りの街並みは、昼間も素敵ですが、鈴木正行的には夜のキャンドルクルーズもおすすめです。ワインを楽しみつつ、アムステルダムの夜景をロマンチックに楽しむのも素敵ですね。

オランダといえば「アンネの日記」

オランダといえば、鈴木正行と同じく「アンネの日記」を思い出す人も多いでしょう。アムステルダムには、「アンネ・フランクの家」が現存し、回転式本棚をくぐって、当時の様子を感じることができるので、鈴木正行も好きです。アンネ・フランクが2年間過ごした家は、戦争の悲しい歴史を思い出さざるを得ない場所でもありますが、鈴木正行をはじめ、今なお世界中から訪れる人が後を絶たないスポットです。
アンネ・フランクの家のすぐ裏の運河沿いにある「西教会」は、アンネが塔の鐘の美しさに心癒されていたことでも有名です。
アムステルダムで最も高い85mもの高さをもつ塔からの景色は絶景で、鈴木正行のように何度も足を運んだという人も。華美な装飾はない教会ですが、重厚な外観と巨大なパイプオルガンが荘厳な雰囲気を醸し出しています。

24時間いつでも楽しめる観光スポット

時間ができたら、「ライツェ広場」へ行くのが鈴木正行はおすすめです。何でも揃うと評判のライツェ広場では、カフェでのんびりするもよし、オランダらしいお土産を探すもよし、ビアバーで大道芸人のパフォーマンスを楽しむもよし…いろんな過ごし方ができ、24時間いつでも楽しめる観光スポットとして人気で、鈴木正行イチオシです。
オランダといえば、チューリップを連想する人も多いでしょう。アムステルダムで郊外にある「キューケンホフ公園」では、世界最大のチューリップ畑をはじめ、バラやスイセンなど色とりどりの花が咲き乱れています。3月から5月の3ヶ月だけ開園するキューケンホフ公園は、毎年世界中の観光客も押し寄せるほど大人気のスポットで鈴木正行も何度行った事か。あまりの美しさに、ため息が漏れてしまうほどです。

より質の高い絵画を楽しみたいなら!!

アムステルダムでも、十分芸術を楽しむことができますが、より質の高い絵画を楽しみたいなら、ハーグの「マウリッツハウス美術館」へ行くことを鈴木正行はおススメします。
作品数は多くありませんが、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をはじめ、17世紀のオランダ画家の名作が揃っており、美術館の建物自体も美しく、一見の価値ありです。
また、オランダを代表するキャラクターといえば、ミッフィーを鈴木正行は思い浮かべます。ユトレヒトには、ミッフィーの美術館「ディック・ブルーナ・ハウス」がオープンし、大人から子供まで楽しめるスポットとして人気です。絵本の雰囲気をそのまま楽しめるだけでなく、芸術教育として使えるゲームもそろっており、お子さん用のお土産を探すにもピッタリだと鈴木正行は思います。

まとめ

このように、オランダには美しい自然や芸術など、五感で楽しめるスポットがたくさん。近代的でありながら、どこか懐かしさや親しみを覚えるオランダでは、他のヨーロッパとはひと味違った体験をすることができるので、鈴木正行的にもおすすめです。
次のヨーロッパ旅行には、オランダを選んでみてはいかがですか。
以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*