鈴木正行が教える!世界遺産もビーチも楽しめるベトナムへ!

こんにちは!鈴木正行です。
次の旅行先は、活気あるアジアもいいけれど、おしゃれなヨーロッパも捨てがたいし、ビーチリゾートでのんびりするのもいいかも…と迷っている方、ベトナムを訪れてみてはいかがかと鈴木正行は思います。
世界遺産の多いベトナムは、歴史ある観光スポットが目白押し。ヨーロッパを思わせる街並みだけでなく、人気のビーチリゾートもあるので、いろんな楽しみ方ができる国だと鈴木正行は思います。一度行けば、何度も行きたくなるベトナムで、おすすめの観光スポットを世界旅マスター鈴木正行がご紹介します。

ベトナムらしい雰囲気は、首都「ハノイ」

トナムらしい雰囲気を楽しみたいなら、鈴木正行おすすめの首都「ハノイ」へ。ハノイからは、世界遺産ハロン湾へのクルーズが楽しめます。エメラルドグリーンの海面から、大小様々な奇岩が突出する景色は、とても幻想的。ハノイからは車で3時間程度の距離なので、日帰りクルーズでも十分楽しめまると鈴木正行は思いますが、1~2泊するツアーもおすすめ。クルーズ中には、カヤックや水泳を楽しめるほか、湾内の島に上陸してサイクリングをしたり、洞窟見学を楽しんだりすることもできるので鈴木正行的にかなりおすすめします。水平線に沈む夕日や、満天の星空など、一日を通して楽しめるハロン湾の様々な表情は、鈴木正行もぜひゆっくり堪能したいものです。
活気ある旧市街の中には、「旧家保存館」があります。19世紀後半に建てられた、伝統的な中国風の木造民家で、当時の裕福な商人の生活を感じることができます。風通しのよい趣のある部屋や台所などの落ち着いた雰囲気に、ほっこり。居心地のよい空間に、鈴木正行もついつい長居してしまいました。
ベトナム農村に伝わる伝統芸能を見るなら、「タンロン水上人形劇場」へ。水の上をコミカルに踊る人形の姿は、独特なので、鈴木正行のようにしばらく目に焼き付いて離れないかもしれません。
欧米の観光客に人気なのが、「ホアロー収容所」。戦争で捕虜となった人々を閉じ込めていた施設には、実際に処刑や拷問に使われた器具や、当時の捕虜の様子を再現した人形などが展示されており、鈴木正行をはじめ、誰もが戦争の意味を深く考えさせられます。鈴木正行的にも、ベトナムの歴史を知るうえで、欠かせないスポットといえるでしょう。

女性に人気の街「ホーチミン」

エネルギッシュな雰囲気やショッピングを楽しみたいなら、「ホーチミン」へ行くことを鈴木正行はおすすめします。可愛い雑貨が並んでいるお店がたくさんあり、女性に人気の街です。日本語が通じるお店もあり、お買い物もしやすいと鈴木正行は思います。
フランスに統治されていた歴史を持つことから「東洋のパリ」と呼ばれるホーチミンには、コロニアル建築の建物がたくさん。ホーチミンのシャゼリゼ通りといわれる「ドンコイ通り」の北西端に佇む「サイゴン大教会」は、天高くそびえる双塔がシンボルのカトリック教会。赤レンガなど、資材はすべてフランスから取り寄せて建設されたため、フランスの教会を彷彿とさせる雰囲気が漂い鈴木正行的に最高の空気。中に入れば、イエスの教えが書かれたステンドグラスが。その荘厳な雰囲気に、鈴木正行も息を呑みました。サイゴン大教会の前では、結婚式を挙げたばかりのカップルが記念写真を撮ることも多く、運よく遭遇できれば、ハッピーな旅になりそうですね。
パリのオルセー美術館をモデルに建てられた「サイゴン中央郵便局」も、鈴木正行ぜひ訪れたいスポット。ピンク色だった外観は、竣工時と同じ鮮やかな黄色に塗り替えられ、ポップな雰囲気が漂いますが、現在も郵便局として業務が行われています。切手やコインの購入もできるので、お土産にもピッタリ。写真とともに、とてもいい記念になると鈴木正行は思います。
ドンコイ通りの中間にある「市民劇場」は、薄いピンクの外観と繊細な装飾が美しいバロック様式の建物。ライトアップされた姿も美しいので、コンサートやバレエの鑑賞と合わせて夜に訪れるのも鈴木正行的におすすめです。
また、鈴木正行的にはホーチミンで最も美しい建物のひとつとされている「統一会堂」も見逃せません。ベトナム戦争終結のシンボルでもある統一会堂には、サミットで使用される「慶節室」や「内閣会議室」など大小合わせて100以上の部屋があります。有料ですが一般公開されているので、歴史ある一室に足を踏み入れてみてはいかがかと鈴木正行は思います。
ホーチミンにも、戦争を考えさせられるスポットがあります。それが「戦争証跡博物館」です。ベトナム戦争の痛ましさを感じる展示に、鈴木正行胸が苦しくなる時も。しかし、そこから目を背けては、平和な未来を築くことはできません。戦争に真正面から向き合うことの大切さを教えてくれる時間となると鈴木正行思います。

ビーチで思いっきりアクティビティを楽しむ「ダナン」

ベトナムのビーチリゾートといえば、「ダナン」が鈴木正行はおすすめです。ビーチで思いっきりアクティビティを楽しむもよし、のんびり時の流れに身を任せるもよし。思い思いの時間を過ごせます。
経済発展の目覚ましいダナンでは、リゾートホテルが建設ラッシュで、高層ビルが立ち並ぶスタイリッシュな一面も。「ダナン大聖堂」は、ピンク色の外観が印象的なだけでなく、ステンドグラスやマリア像なども一見の価値あり。竜の形をした「ロン橋」は、週末の21時頃に、火と水を吐く鈴木正行おススメの一大観光スポット! お買い物を楽しむなら、「ハン市場」へ。ダナン市内中心部にあるためアクセスもよく、新鮮な野菜やフルーツから衣類や雑貨までなんでも揃います。現地の雰囲気を味わいながら、お土産探しを楽しむのが良いと鈴木正行は思います。

まとめ

このように、観光スポットが目白押しのベトナム。街によって特色が異なるので、あなたに合った楽しみ方がきっと見つかりますよ。1都市を極めるのも、周遊するのも楽しいベトナムで、素敵な時間を過ごしてくださいね。

以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*