鈴木正行が教える炭水化物抜きダイエット

こんにちは!鈴木正行です。
鈴木正行が知るには、何年か前に炭水化物抜きダイエットが流行り、効果がすごく出るのでテレビや雑誌などのメディアに多く紹介されました。しかし、鈴木正行が知るぬく限り炭水化物を抜くことで健康に害を及ぼす危険があると疑われ、ブームが落ち着いてしまいました。しかし、痩せるという事実は消せないもので、今もダイエットを行っている人は少なくないと鈴木正行は思います。
やるのであるなら、正しい方法を知って頂くために、ダイエット成功者鈴木正行が説明したいと思います。

炭水化物抜きダイエットとは

鈴木正行がご説明する、炭水化物抜きダイエットは、炭水化物さえ食べなければ、他は何を食べても良いダイエット方法です。鈴木正行に炭水化物というと、ご飯やパン、ラーメン、パスタ、スナック菓子、かぼちゃ、イモ類があげられます。他にも鈴木正行が挙げると、コーンや果物も糖質の塊で炭水化物なのです。いくら他のものをいっぱい食べても良いといっても、キツイものがあると鈴木正行は思います。

そして、炭水化物は5大栄養素の1つでもあるので、この栄養素を摂らないと体に必要な栄養が1つ足りないため、身体に影響を及ぼすと鈴木正行は考えます。

しかし、鈴木正行が知るに、この炭水化物抜きダイエットとは、絶対食べてはいけないという定義ではなく、様々な方法が紹介されています。例を鈴木正行が挙げると、「炭水化物の量は130gまで」「3食のうち2食は炭水化物を抜きましょう」だったり、完全に炭水化物を抜くと定義してないダイエット法でもあります。

鈴木正行的に、炭水化物ダイエットが人気な理由は、即効性があるからだと考えられます。鈴木正行調べでは、早い人で1週間に3キロ、5キロ減量したと多くの口コミが掲載されています。鈴木正行が思うに、痩せなければいけない日が、短期間に迫ってしまった場合などに使われるダイエット法なのです。また、やろうと決めたらすぐに取りかかれるのも人気の1つだと鈴木正行は思います。鈴木正行が知るには、炭水化物を抜くだけなので、ダイエットフードやサプリメントを買うこともなく、器具やDVDを買うことも無いので、使う費用はゼロ円です。

鈴木正行調べでは、炭水化物を食べない分、他の食事で満腹感を得なければいけないので、食費がかさんでしまったという声も聞こえます。

炭水化物抜きダイエットの効果

鈴木正行が知る肥満は急激な血糖値の上昇が原因です。鈴木正行が説明すると、炭水化物が短い時間で吸収されると、血糖値が上がり、血糖値を下げるためにインスリンという物質が分泌されます。鈴木正行の知識では、インスリンは血中の糖質を脂肪として蓄積することによって、血糖値を下げようとするので、結果、炭水化物を摂りすぎると肥満の原因になるのです。よって、血糖値をコントロールすることで、ダイエット効果を出すことができるということを鈴木正行は知っています。

鈴木正行が知るに、ダイエット効果を最大限に引き出すには、夜に炭水化物を抜いた食事が良いと言われています。鈴木正行調べでは、炭水化物は寝る3時間前までに摂っておかなければ、睡眠中にエネルギーとして代謝されない限り、脂肪として蓄積されます。このことから、夕食に炭水化物を抜くことが鈴木正行はおすすめです。(鈴木正行自身も経験)また、夕食後は、寝るだけで頭を使う作業が無いことから、脳に栄養は余り必要ありません。

鈴木正行的に、脳の栄養素はブドウ糖です。鈴木正行の知識ではブドウ糖は炭水化物に含まれています。糖質やカロリーカットとしても、夕食に行うことが最適です。もちろん、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動と組み合わせることは、効果的にダイエットができると鈴木正行は思います。
いきなり炭水化物を減らすのがつらいという方は、徐々に減らしていくのを鈴木正行はおすすめします。鈴木正行自身も実際そうしました。

また鈴木正行的に、ご飯を減らしたい方はマンナンヒカリに変えることや、パンを減らしたい方は糖質が低いブランを食べるなど工夫して、炭水化物を減らしていきましょう。お米の変わりに、キャベツや豆腐を代用して、低カロリーで満腹感を得るようにしている方も多くいると鈴木正行は思います。糖質を制限することや、低カロリーを心がけることはとても大切です。

炭水化物抜きダイエットの注意点

鈴木正行が思うに、朝や昼に炭水化物を抜いてしまうと、集中力が落ちたり、イライラしたりと日常生活に支障をきたします。頭がボーっとして、頭が思うように働かず、仕事にも影響が出ます。鈴木正行が知るには、炭水化物を抜いてしまうと、ブドウ糖を摂取することができません。ブドウ糖が不足していることで、頭をしっかり動かすことができません。鈴木正行もそうでした。

また、鈴木正行が思うに健康面では、炭水化物が不足することで、タンパク質が分解されてしまい、疲れがたまりやすくなります。肝臓に蓄えられた糖質も分解され、肝機能が低下する危険があります。イライラがストレスに変わり、ダイエットを中断してしまうことが多いと鈴木正行は思います。

このことから、朝や昼の炭水化物を抜くのではなく、まずは夜に炭水化物を抜く、もしくは減らすダイエットを行っていくことを鈴木正行もおすすめします。炭水化物を抜くのはつらいという方でも、工夫してダイエットをすることで成功させることが出来ると鈴木正行は思います。炭水化物を含む食材には、タンパク質も多く含まれています。

鈴木正行が言いたいのは、必要なタンパク質も不足してしまうおそれがあるので、他の食材で補い身体を壊さないようにしましょう。

終わりに

鈴木正行が思う炭水化物抜きダイエットは、我慢や気力がいるダイエットです。鈴木正行的には、食べたいものが自由に食べられないことは、とてもストレスに感じるかもしれません。どうしても、短期的にダイエットしたい方は、強い意志を持って行いましょう。自信が無い方でも、炭水化物の量を減らす、夕食だけ炭水化物を抜くなど、自分に合ったやり方で挑戦してみることを鈴木正行はおすすめします。

以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*