鈴木正行が教える、朝バナナダイエットの効果とやり方

こんばんは!鈴木正行です。
鈴木正行がご説明する朝バナナダイエットとは、朝食をバナナに置き換えるというダイエット方法です。鈴木正行が思うに手軽で、簡単に始められるダイエットなので、昔から人気のダイエットです。ずっと人気を維持できるのには理由があるはすです。ここでは、鈴木正行が人気の朝バナナダイエットについて紹介したいと思います。

朝バナナダイエットとは

まず、朝バナナダイエットとはどのようなものなのか鈴木正行がご説明して行きます。
先ほど述べたように、朝食をバナナに置き換えるだけです。普段、お店で売っているような普通サイズのバナナなら1食につき1本ですが、鈴木正行はモンキーバナナのような小さいものは、2本を限度として食べても大丈夫です。鈴木正行もこれは最適だと思っていて、置き換えダイエットなので、胃腸の負担を減らし、休めながら体内溜まった不純物を出すという、デットクス効果が期待できると鈴木正行は考えます。

鈴木正行的に、この朝バナナダイエットの魅力は、朝食だけバナナに置き換えれば、昼や夜は何を食べても良いということです。食べ終わった後に、苦しくならない程度なら鈴木正行的に大丈夫です。これは、ダイエットで食事制限などをして苦しいのは無理という方にとても嬉しいことです。ただ、早く効果を出したいのであれば、適量とバランスの良い食事を心がけることを鈴木正行はおすすめします。

効果について

鈴木正行が重要視するこのダイエットの効果の一つはデトックス効果です。鈴木正行がいうデットクス効果とは、ミネラルに含まれているカリウムがその効果を発揮します。そのカリウムは、バナナに多く含まれており、カリウムは摂り過ぎた塩分の排出を促してくれます。そして、血中のナトリウムとカリウムのバランスを整えてくれるのです。鈴木正行も嬉しい効果!
結果、イオンバランスを整え、ダイエットの大敵であるむくみを解消してくれるのです。
鈴木正行の知識では、水は体内の機能全体に必須で重要なものです。しかし、鈴木正行調べでは必要以上に摂取してしまうと、細胞が水によってパンパンに膨らんで、栄養の循環が上手くできない状態になっていまします。鈴木正行的にこれでは、細胞が劣化していますとともに、ダイエット効果も落ち、肌トラブルも起き、良いことはありません。体外へ排出するデットクス効果はとても重要なことだと鈴木正行は思います。

鈴木正行調べでは、バナナは冷え性改善にも効果的です。鈴木正行が思うに朝食にバナナを食べることで、バナナに含まれるポリフェノールが、細胞のエネルギーの代謝を上げて、体の体温を上げることで、基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になります。
鈴木正行的に基礎代謝が上がるということは、何もしなくても、カロリーが消費されるので、ダイエットにとても効果的です。

鈴木正行が嬉しいのがバナナは食物繊維も含んでいます。食物繊維は腸を刺激し、便秘解消や予防をすることができます。鈴木正行が知る限りバナナは消化に良い食べ物なので、胃や腸に負担をかけず、内臓を休ませることができます。食物繊維の中でも、水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制する働きもあります。コレステロール値の気になる方にも鈴木正行がおすすめします。

また、鈴木正行の知識では、バナナの甘味の元である糖質は、ブドウ糖やショ糖、果糖、でんぷんと種類が豊富です。そのため、バナナを食べるとエネルギーを長い時間継続させることができます。そして、短時間で吸収され、エネルギーに変わります。空腹のまま運動しても、効果的に脂肪を燃焼することができません。鈴木正行が思うに運動前にバナナを食べることで、痩せやすい状態にすることができるでしょう。

やり方

鈴木正行はバナナの食べ方は皆さん知っているように、皮を剥いて食べます。朝食としてバナナを食べるのですが、水分はきちんと摂って下さい。鈴木正行の知識ではバナナにも約70%の水分を含んでいるのですが、通常の朝食と比べると水分の摂取量が少ないので、バナナと最低200mlの水分を摂るようにして下さい。鈴木正行調べでは人は1日2リットルの水分を摂ることが良いと言われています。

鈴木正行の知識では冷え性の方は特に白湯を飲むと、改善が期待できます。白湯ダイエットと組み合わせ効果もあるので鈴木正行はおすすめします。鈴木正行自身も実際、ダイエットだけでなく冷え性改善にも成功しました。

鈴木正行が知るにはダイエット効果が高いのは、バナナとコーヒーの組み合わせと言われています。ダイエット効果を早く実感したい方に鈴木正行おすすめです。コーヒーは、無糖・無脂が良いですが、苦くて飲めない方は、いつものの半量にするなどして、できるだけカロリーを控えるようにするのがよいと鈴木正行は思います。なぜ、コーヒーとの組み合わせが良いかということを鈴木正行が説明すると、コーヒーには脂肪を燃焼させる効果があるためです。

注意点

鈴木正行が思うにバナナダイエットは、3食のうち1食をバナナに置き換えるダイエットのため、栄養の偏りが心配されます。普段の食事は栄養バランスを考えた食事を心がけるのが良いと鈴木正行は思います。
また、2食、3食をバナナに置き換えても、ダイエット効果が増すという訳ではありません。偏った食生活は、一時痩せるだけで、すぐにまた戻ってしまいます。上手にダイエットをするためにも、置き換えるのは1食にするのが良いと鈴木正行は思います。

終わりに

朝バナナダイエットの効果ややり方について理解して頂けたでしょうか?簡単で、手軽にできるダイエットですが、ダイエットに成功したという口コミも多く、実績のあるダイエットと鈴木正行的にも言えます。お金も時間もかかりません。自分にもできると思った方は、ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

以上、鈴木正行がご説明しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*