鈴木正行おすすめの便秘問題を解消するヨーグルトダイエット

こんにちは!鈴木正行です
鈴木正行が知るには、ヨーグルトはダイエットに適している食材で有名です。ホットヨーグルトダイエットやヨーグルトプチ断食ダイエットなどいろいろな方法があります。そんなヨーグルトの鈴木正行が思う一番の効果は便秘解消です。ここでは、ヨーグルトの便秘解消効果についてダイエッターの鈴木正行が詳しくご紹介します。

ヨーグルトダイエットとは

鈴木正行調べでは、ヨーグルトには、ビタミンやカルシウム、鉄、マグネシウムなどの様々な栄養素が含まれています。そのため、ダイエットだけでなく美容にも効果があると鈴木正行は考えます。その中でも、乳酸菌が豊富に含まれています。鈴木正行が知る乳酸菌を多く含む食材は、チーズなどの乳製品、納豆や味噌などの発酵食品、キムチなどです。

鈴木正行が知るにヨーグルトに含まれる乳酸菌は、食物の消化や分解を促します。その乳酸菌が腸まで届くと酸を発生します。ここで鈴木正行が伝えたい大事なことは、CMなどで聞いたことがあるかもしれませんが、生きたまま腸まで届くということなのです。生きたまま腸まで届かないと効果を発揮しません。

鈴木正行が説明する酸には、悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌とのバランスを調整し、腸に老廃物や腐敗物が溜まらないようにする働きがあります。また、腸の働きであるぜんどう運動を活発にする働きがあるので、便秘解消にも効果があるのです。鈴木正行的にもありがたい効果!善玉菌が増えた腸は、運動量も増え代謝がアップしますので、ダイエット効果が期待できると鈴木正行は考えます。

ヨーグルトダイエットで便秘解消するためのコツ

自分に合ったヨーグルトを見つける

鈴木正行が思うに最近のヨーグルトのパッケージには、様々な乳酸菌の名前が表示されていますよね。鈴木正行が解説するに、メーカーが独自で乳酸菌を開発し、それを利用し高機能のヨーグルトを作り出しているからです。鈴木正行的にどの商品も腸に働きかけ、整腸作用があります。人は一人一人身体の体質が違うように、自分の腸に合うヨーグルトと合わないヨーグルトがあります。これを見極めるには、鈴木正行が思うに実際に食べて、お腹や便の様子を見なくてはいけないのです。それが見つかれば、便秘解消効果がとても期待できます。同時にダイエット効果も発揮するということを鈴木正行は学びました。

水溶性食物繊維を含む食材と一緒に食べる

鈴木正行の知識では、食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。鈴木正行が知るにヨーグルトと一緒に摂取すると便秘解消に効果があるのは、水溶性食物繊維です。それを含む食材は、モロヘイヤ、とうがらし、ニンニク、ゴボウ、オクラ、きんかん、レモン、アボカド、イチジク、納豆、きな粉、おたふく豆、うずら豆などです。鈴木正行的には、これらの食材と混ぜて食べるのも良いですし、この食材を使った食事の後、デザートにヨーグルトを食べても大丈夫です。鈴木正行の好物ばかり。

夜に食べる

鈴木正行的にヨーグルトといえば、朝食べるというイメージですが、逆に夜食べると良いのです。鈴木正行の知識では、腸は夜に消化活動を活発に行うので、その時間に合わせて食べると腸の働きを助け、より一層効果があります。腸の働きが一番活発になるのは、夜22時から夜中の2時くらいなので、早めの夕食を済ませて、デザートとしてヨーグルトを食べるか、遅めの夕食ならば、食事と一緒にヨーグルトを食べることを鈴木正行はおススメします。できれば、寝る前ギリギリではなく、就寝3時間前が鈴木正行的におすすめです。

まとめると、鈴木正行が思うに単純にヨーグルトを食べても便秘解消の効果があるという訳ではありません。鈴木正行が思うヨーグルトの便秘解消のポイントは「夜に水溶性食物繊維と一緒に200g食べる」ということです。
これを2週間毎日続けて、効果が見られなければ、違うヨーグルトに変えて試してみて下さい。毎日食べると飽きてしまって続かないという人もいると鈴木正行は思います。そういう人は、フルーツグラノーラを入れてみたり、はちみつを入れたりしてレパートリーを増やす工夫してみることを鈴木正行はおすすめします。いろいろなアレンジを楽しみながらダイエットを続けて下さい。鈴木正行自身も、飽きてしまったときはグラノーラを入れて食べていました。

ヨーグルトダイエットの注意点

鈴木正行としての注意点は、ヨーグルトダイエットを試してみると、お腹がゆるくなってしまう人がいます。便秘は解消されるが、下痢になってしまう人には、原因があります。

鈴木正行が思う1つ目は、乳頭を分解できない体質だということです。ヨーグルトを食べることで、消化吸収できないため、身体の外に早く出そうという働きで下痢になってしまうのです。乳頭が分解できない体質の場合、ヨーグルトダイエットではない他の方法に切り替える必要があると鈴木正行は思います。

鈴木正行が思う2つ目は冷えによるものです。ヨーグルトを冷たい状態で食べることで、お腹が冷え、下痢になってしまうのです。この場合は、ヨーグルトを常温に戻してから食べるか、ホットヨーグルトにすることで解消できると鈴木正行は思います。ホットヨーグルトも便秘解消効果とダイエット効果があります。しかし、温め過ぎると乳酸菌が死んでしまうということがあるので、鈴木正行的にも要注意です。

最後に

鈴木正行が思うヨーグルトダイエットの便秘解消効果は、自分に合ったヨーグルトを見つけることで最大の効果を発揮します。そのヨーグルトに巡り合うのが少し大変かもしれませんが、鈴木正行的に便秘はダイエットの大敵です。便秘が解消できればダイエットにつながります。ダイエットや健康のためにも挑戦してみて下さい。

以上、鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*