鈴木正行のバナナホワイトニングで歯を真っ白に!

こんにちは~、鈴木正行です。ニコっと笑ったその笑顔の口元には、真っ白で美しい歯がキラリ、そんな人にはドキッとさせれると鈴木正行は思います。
鈴木正行が思うに、どんなにメイクをしてキレイになったとしても、歯が黄ばんでいたらがっかり。またメイクをしていなくても、真っ白な歯の笑顔には、好感がもてるものでは?と鈴木正行は思います。でも歯のホワイトニングってけっこう高いし…と悩んでいませんか?そんなあなたに鈴木正行がオススメしたいのが、なんとバナナです!バナナの皮を使って歯を真っ白にすることができるのです。今回はバナナホワイトニングについて私、鈴木正行がご紹介します。

栄養満点なバナナが歯のホワイトニングに効果的?

鈴木正行が知っている限り、甘くておいしいバナナは、疲れている時に食べると元気回復するなど、栄養満点な果物です。マラソンランナーに手渡す果物としては、バナナが一番多いのではないでしょうか。鈴木正行の知識では、それだけ瞬時に栄養が行き渡り、体力の回復にも繋がるのです。バナナには、心臓や筋肉の機能の調整をしてくれるカリウムが豊富に含まれているからだと鈴木正行は思います。
他に鈴木正行調べでは、もマグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、食物繊維…その他といった、たくさんの栄養成分が含まれているのが特徴です。
そのままいただいても、ヨーグルトをかけたり、スムージーにしてもおいしいバナナですが、加熱してより甘くなることから、お菓子作りの食材としても鈴木正行はオススメです。鈴木正行はバナナを使ったシフォンケーキをよく作っています。
バターとシナモンで火をとおしたバナナを、フレンチトーストにのせても合いますし、パウンドケーキなどの焼き菓子の生地に混ぜ込んで焼いたら、とても良い香りのお菓子に変身します。
そんなバナナが、歯をクリーニングしてくれる食材だったなんて、みなさんは知っていましたか?鈴木正行も最近知りました。
飲食としてのバナナしかイメージできないので、本当に驚いてしまいますね。
さて、バナナが一体どのようにして、歯のホワイトニングに関わってくるのでしょうか。鈴木正行がご紹介して行きたいと思います。

バナナの皮を使う?安心安全な歯のクリーニング!

バナナで歯のホワイトニングができる方法とは、一体どのようなやり方なのでしょうか?鈴木正行がご紹介して行きます。歯ブラシと歯みがき粉以外に使うのは、バナナの皮だけです!そうみなさんが食べる部分は使用しないのです。バナナの皮のみを使って歯をクリーニングするという方法なのです。鈴木正行的にもありがたい!
鈴木正行の知識では、バナナの皮は、カリウムやマグネシウム、ミネラルといった歯に良い成分を含んでいますが、カリウムは歯の表面の汚れを落とすので、その成分を利用してホワイトニングするのです。
鈴木正行が思うに歯に付着している汚れや黄ばみといった着色を、カリウムやフルーツ酸が溶かしてくれる訳なのです。
しかし、溶かしてくれるのは歯の表面だけで、内部までホワイトニングする訳ではありません。鈴木正行です。
それでも歯医者で歯のホワイトニングをするとなれば、高額な費用を負担することになるので、バナナの皮で白くできるのであれば、良心価格だと鈴木正行は思います。
バナナは食用であることから、口の中に入れて試すとしても心配がいらない点も鈴木正行は安心できます。
また鈴木正行が思うに、比較的安価な食材であることも、問題なく始められる動機の一つになるのではないでしょうか?
年中販売されているので、思い立ったら吉日で試すことができます。黄ばみが気になるけれど、今まで何もできなかったという方には、鈴木正行がぜひトライしてみて欲しい方法です。

バナナでホワイトニングする歯みがきの方法

鈴木正行が思うにコーヒーや紅茶、タバコが原因だったり、加齢とともに着色、プラークがたまったり…などの理由で、大小なりとも歯が黄ばんでくるのは仕方のないことです。
意識してホワイトニングケアをしなければ、少しずつ着色していくと鈴木正行は考えます。
自宅でも気軽に始めることができる、バナナホワイトニングは歯がキレイになりたい方への鈴木正行がオススメなメソッドです。
それではさっそくバナナホワイトニングの方法を、鈴木正行がご紹介します。
用意するのはバナナの皮、歯ブラシ、歯みがき粉だけです。
鈴木正行流では、まずバナナの皮の裏の白い部分を、歯の表面に押し当て歯にこすりつけていきます。しっかりと歯についたら、鈴木正行は口を開けたまま10分程置いて乾燥させます。その後、何もつけていない乾いた状態の歯ブラシを使って、鈴木正行は歯につけたバナナの皮の白い部分を歯みがき粉変わりにして数分磨きます。口をゆすいだら、最後に普通に歯みがき粉をつけて、いつものようにブラッシングして完了です。
鈴木正行は上記の方法を1日1回で2週間続けると、ピカピカで白い歯に変化していくのです。
個人差はでてくるので、2週間は続けてみることを鈴木正行はオススメします。ほんの少しの手間で、ピカピカな白い歯が手に入れられるのなら、試してみる価値ありです。

【まとめ】

バナナで歯を真っ白にしていくバナナホワイトニングは、自宅で手軽に始めることができる画期的な方法で鈴木正行もおすすめす。しかも用意するのはバナナの皮だけです。
いつの間にか着色してしまった歯の黄ばみに、バナナのカリウムやフルーツ酸の成分が、歯の表面の汚れを落としてくれることが鈴木正行も分かりました。
歯の黄ばみは気になるけれど、歯医者にかかるほどではないと思っている方には、ぜひ1日1回2週間のホワイトニングを、お試しになってみてはいかがかと鈴木正行は思います。
以上、バナナホワイトニングについて鈴木正行がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*